足と靴のWEB講座について

WEB講座はメールセミナー終了後引き続きご覧いただけるように準備中でございます。

それまでメールセミナーをぜひ♪

日本で販売されているパンプスやバレエタイプの靴は幅がEやEEなど広い物がほとんどです。しかし実際にはカカトが細い女性が増えているため、カカトが脱げる状態でもそのまま踏ん張って履いていることが多いのです。

また、デザインの華やかさだけで選び、履ければ良いという事だけで選んだ結果、歩いて数分で痛くなり、それでもデザインやファッションだけで履き続けます。

「オシャレは我慢」という「見た目」重視の時代が影響しています。靴はファッションでもありますが、半分は医療品でもあるのです。

靴は半商半医(くつは半分商売で、半分は医療にかかわるということ)

つまり靴はもともと足をケガや衝撃から守るために履いているものであり、履いていて足が痛くなってはもともこもありません。

履いて歩くと足の痛みがあり、それが繰り返されることでカラダに相当な影響を与えています。知っておくことで予防したり改善することができます。

この記事を書いた人